抽出作業は、面倒くさい?

02-11,2017

以前勤めていたコーヒー豆屋の顧客の半分以上が、
コーヒーマシーンを使っていました。
(2016年の話)

聞くと
「ハンドドリップは、面倒くさい」
「ハンドドリップの、待つ時間が勿体無い」
等、、
「面倒臭い」というイメージが強いようです。

残念ですが、
コーヒーマシーンでは、コーヒーの一番欲しい"美味しいところ"が出せません。
なので、コーヒーに力を入れているお店は、ハンドドリップでお出ししていると思います。

コーヒーマシーンの長所短所はありますので、
コーヒーマシーンで抽出することを否定しているわけではないのですが、
私は、ハンドドリップのペーパードリップをオススメしています。

カップ一杯を抽出するために必要なものは、
挽いたコーヒー豆、
コーヒー豆の10gメジャーカップ、
コーヒーカップ、
101ペーパーフィルター、
101ドリッパー(ろと)、
ドリップポット、
最低これくらい、、、あとはお湯です。

「サーバーは?」
一杯抽出の際は、カップに直接ドリッパーをのせて淹れてしまいます。

サーバー無くても大丈夫?
ーーーー意外と大丈夫です。
これは、あくまでも一杯を抽出するときだけのお話しです。

私は生臭なので、自分のコーヒーはペーパードリップでカップに載せて淹れています。

この場合、
使用するコーヒーカップが、何cc入るカップなのかを予め知っていれば、
コーヒー豆を何g使用して、(目勘になりますが)どれくらいの量を抽出すれば良いのかが計算出来ます。

サーバーを使わないペーパードリップを
毎日同じコーヒーカップで繰り返していますので、
自ずと感覚がつかめてきます。

これをもっと簡単にしたのが、
ドリッパーレスの使い切りの一杯出しのカップオンです。
カップオンは、持ち運びも簡単でカサバラナイし、
そのままポイっとゴミ箱に捨てられるので
楽チンなのですが、
焙煎豆の新鮮さにかけることと、
1袋に大体10g~13g程度しか入っていないため、一杯の量が少ないこと。
そして、ペーパードリップよりも1杯のお値段が高いですね。

どっちにしろ、メリットデメリットはありますので、
「お好みでどうぞ」となってしまいますが、

日常・普段飲む自分のコーヒーでしたら、
私は、ペーパードリップのハンドドリップをオススメいたします。

 ・
 ・
 ・

ハンドドリップのペーパードリップの時間が勿体無い・・・
確かに、お湯を沸かす時間や蒸らしの時間、待つ時間はありますが、
一杯抽出に使うお湯の沸く時間や抽出にかかる時間なんて、
ほんの数分だと思うのです。
長くても10分あれば、時間が余ると思います。

せっかく、コーヒー豆にこだわっていらっしゃるのに、
コーヒーマシンをご使用されていると聞くと、
実に勿体無いと常々思っておりました。

 ・
 ・
 ・

でも、
巷には、いろんなメーカーから、いろんな商品がワンサカ出ていますね。
どれを選べば良いのか迷いますね。

当店では、
その基本となる抽出を、コーヒー勉強会(仮名)でお伝えしようと考えております。
「これさえ知っていれば、美味しいコーヒーを普通に、ごくごく普通に淹れて飲める」
ということを知っていただきたいです。

いろんな雑誌やコーヒー本に、抽出方法が載っています。
また、いろんなコーヒー屋さんが、いろんなところでコーヒー教室を行っていらっしゃいます。
それはそれで楽しいですし、今以上にコーヒーを知れて面白いです。

しかし、それ以上に当店では簡単にお伝え出来るかと思います。

 ・
 ・
 ・

なぜ、私が独立開業を決意したかは、
この「コーヒーをお伝えする」という仕事に対して、ちゃんとしたいからです。

残念ですが、雇われていたら”ノルマ”や”数字”、”命令に従う”に追われてしまいますから。


当店は、ちゃんとしたコーヒー屋さんを目指しています。
ですから、コーヒーに関して、私が知っている範囲であれば、
ちゃんとお伝えします。


↓↓クリックしていただくけると、私の励みになります↓↓



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




エコって何でしょう?「ドリップペーパーの話」

01-03,2017

ペーパードリップでコーヒーを淹れている方、
ペーパーのコーヒーマシンを使用されている方、、

茶色い紙と白い紙、
迷ったことはございませんか?

 ・
 ・
 ・

私に、これを聞くと
「白い方をオススメします。」
と、答えます。

 ・
 ・
 ・

白い紙は、今も漂白しております。
ただし、昔と違って「酸素系漂白」です。

 ・
 ・
 ・

茶色い紙のパッケージに”エコ”と書いてある商品を目にしますが、
何をもってエコと謳っているのか分かりませんがww

茶色い紙は、白い紙を作るよりも大量の水を使用して加工されています。
大量の水を使用するって、エコでしょうか?
という話になります。

「酸素系漂白剤」は、
オーガニック商品を専門に扱うお店にも置いてある品物です。
・・・ということは?
と、なりますよね。

 ・
 ・
 ・

”エコ”については、私は素人ですので
この辺りで話は終わらせますが、

私が個人的に使用していますのは、白い紙です。

 ・
 ・
 ・

理由、茶色はクサイw

 ・
 ・
 ・

私が以前勤めていたコーヒー豆店では、茶色いろ紙を使用して
お客様にコーヒーをお出ししていました。

そして、そこで売られているろ紙は、茶色しかありませんでした。
(なぜ茶色しか置いていないのか?・・・それはそれで不思議てたまりませんでしたが)


私は、自分自身の体調が不安定になりだしてから生活環境に興味を持ち、
”天然素材” ”エコ” ”無添加” といったワードの商品を
なるべく選ぶようにしています。

そのおかげもあってか、嗅覚が前よりも優れまして(笑)


湿度の高いある日、
どこからか「クサイ」と感じる臭いが漂ってくるのです。

そのクサイニオイの原因を突き止めると
それはろ紙から発するものでした。

私は、その店では「茶色いろ紙は、白より良い」と教えられてきたので、
疑いもしませんでしたが、この時、はじめて疑いを持ちました。

 ・
 ・
 ・

あのニオイは、私にとってどうにも耐え難く
気にしないようにするのですが、
湿度の高い日は、特にダメでした。

身体に悪い影響が出るわけではないのですが、
そのろ紙で淹れている時、特に蒸らしの段階では
その紙の匂いとコーヒーの香りのハーモニーが
私の脳みそはパニックでした。

この先の話は、
当店のコーヒー教室でお話したい話題の一つですので
これまた、ここで終わらせます。

 ・
 ・
 ・

今回のお話は、ろ紙のエコ表記について触れたかったわけで、
茶色いろ紙がイケナイとか悪い商品だというお話をしているわけではございません。

ですので、私のように紙の匂いが気にならないのであれば、
茶色でも白色でもお好みで選んでいただければ結構です。

もちろん、
当店では、茶色いろ紙も白色のろ紙も販売いたします。

 ・
 ・
 ・

一昔前のペーパードリップ用の白色のろ紙は、
塩素系で漂白されておりました。

しかし、現在は「酸素系」で漂白されております。


茶色いろ紙のパッケージの「エコ」表記は、いささか疑問に感じます。


↓↓クリックしていただくけると、私の励みになります↓↓



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ