コーヒーとは、

07-31,2017

2017年10月・・・あと二ヵ月です。

お店オープンまで、あと二ヵ月しか無くなってしまいました。
今、非常に焦っている状態でございます。

なにせ素人、
どこにお金を掛けて、どこを節約するか・・・
トンチンカンなことをしては、お金が飛んで行く始末です(涙)

 ・
 ・
 ・

さてさて、
ブログタイトル「コーヒーとは」ですが、

私自身が勝手に思っていることなのですが、、、

語るものではなく、飲むもの

だと・・・・。

 ・
 ・
 ・

”カップオブエクセレンス”だとか、”ナショナルウィナー”だとか、、
精製方法がどうのとか、抽出がどうのとか、、、

何十種類の珈琲豆から豆選び・・・

そりゃ、訳分からなくなります。

 ・
 ・
 ・

コーヒーが飲みたい私たちにとって、
コーヒーを買うまでに、大量の情報量が飛び交います。

果たして、
それがコーヒーを口にするまでに必要な(大切な)情報なのか?

ということなのですが、、

結局、その情報が頭に残っていないのが現状で(笑)
(特に私なんかそうです。)

最終的には
自分の口に合うか合わないか、
美味しいか美味しくないか、、、

なのです。
(特に私がそうです。)

 ・
 ・
 ・

最近の私は、
コーヒー豆をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで購入しています。
これも勉強の一つだと考えております。

その成果として得たものですが、
「値段の幅は大きい」ことです。

個人専門店のお値段よりは、
スーパーマーケットやコンビニエンスストアの方が断然安いのですが
味の追求をしてしまうと、
個人専門店で販売しているコーヒー豆と値段の大差は無くなります。
しかも、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで売られているコーヒー豆は、
万人に受け入れられるよう調合され焙煎されているようで、
味や香りの大差がないため、楽しみが無い。

ワクワク感が無い。

というか、そもそもスーパーマーケットやコンビニエンスストアのコーヒー豆で
ワクワク感を求めるなって話になるのですが(笑)

美味しいコーヒーを知っている私にとって、
スーパーマーケットやコンビニエンスストアのコーヒー豆は、
くじ引きのようなドキドキ感があります(笑)

 ・
 ・
 ・

コーヒーとは、
語るものではなく飲むものだと思っておりますが、

某コーヒー専門店のコーヒーは、
飲むことすら出来ず、苦痛でした。
恐ろしく、不味くて臭かった・・・・(涙)
「1,000円払ってこのクオリティ(店員の対応含む)なら、
スーパーマーケットの400円の方が飲めた」

コーヒーが好きならば、
せめて個人専門店で購入してほしいと思います。

私や私の焙煎講師モーリス(モーリスの指導を受け開業された人たちも含め)のように、
コーヒーにちゃんと向き合っている人が経営されている店というのは、
圧倒的に少ないのが本当のところですが、
それでも、コーヒーが好きな人でしたら、
スーパーマーケットやコンビニエンスストアの一袋400円ではなく、
個人専門店の400円分を飲んでください。

 ・
 ・
 ・

コーヒーとは、
語るものではなく、飲むもの

ですが、

中には飲めないコーヒーもあります。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「コーヒーをお伝えする」という仕事をちゃんとしたいので、
コーヒー屋の独立開業を決めました。

 私が考える「ちゃんとした」とは、
 納得して仕入れたコーヒー豆と、基本の焙煎と抽出ができること。
 そして、コーヒーを正しくお伝えできること。                      

         と、考えております。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓↓クリックしていただくけると、私の励みになります↓↓



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ





本物志向

07-15,2017


「コーヒーも、本物志向の人が増えていますからね~・・・・」
と、知人が言った。

私はあえて喰いつかず聞き流したのですが、
本当は言いたかった。
 ・
 ・
 ・
 
コーヒーの本物志向って、ナンデスカ?

 ・
 ・
 ・

私のように、コーヒーを商いしようとしている人、すでにしている人に関わらず、
普段からコーヒーを楽しんで味わっている人や、これから楽しんで味わっていこうとしている人、

コーヒーが好きなら、コーヒーに対して真面目に関わっていきたい、
好きなことに真面目に関わっていることが普通のことで、
「本物志向」という言葉が、当てはまるのかどうか??と、
首を傾げてしまうのです。

だって、要するに
美味しいコーヒーが飲みたいんです。

それを、私も含め皆様が試行錯誤して、
例えば、今まで飲んでいたコーヒー豆では無く別のコーヒー豆を変えてみたり、ブレンドしてみたり、
抽出器具を選んでみたり・・・と、
美味しいコーヒーを飲むために、いろいろ手探りしますよね。

 ・
 ・
 ・

抽出器具が一式揃っていることが、本物志向でしょうか?
コーヒーを豆のままで購入していることが、本物志向でしょうか?
自分でブレンドコーヒーを作っていることが本物志向でしょうか?
コーヒー豆を自分で焙煎していることが本物志向でしょうか?

はっきり・・・・いえ、キッパリと言わせていただきますが、
(日本は、)コーヒーを特別視し過ぎです。

 ・
 ・
 ・

「難しそう」とか「面倒くさそう」とか「よく分からない」とか。。
寂しい言葉が飛んで来そうですが(涙)

「美味しいか美味しくないか」
「口に合うか合わないか」
ただ、それだけです。


 ・
 ・
 ・

コーヒーを飲んでいる人に対して
「本物志向」とか「本格的」とか言ってしまう人、
”コーヒーは、よく分からない”という人が多いような気がします。

 ・
 ・
 ・

私もそうですが、
美味しいコーヒーが飲みたいために、
意外と遠回りしてしまうのです。

「よく分からない」から。

よく分からない・・・つまり、何が正しいのかも分からなくなってくるのですが(笑)

行きつくところは、
正解不正解ではなくて、
自分が美味しいと感じるか?
と、いうことなのですが・・・

そもそも、美味しいコーヒーを飲むには・・・と、
あれこれ考えてきたのに、
結局、何が足りないのか?何がイケナイのか?分からず、
ドツボにはまるケースが多く、

悩んでいる最中というコーヒー好きの人が多いのではないのでしょうか?

あーでもない、こーでもない・・・と、
コーヒーの本を片手に、いろんな抽出方法を試したり、
あちこちのコーヒー屋さんを回ったりしている人を見ると
本物志向で本格的に見えてしまいますね。

 ・
 ・
 ・

コーヒーは、手軽で気軽に飲む飲み物であってほしいです。

売り手も、特別視させるような販売戦略で売ってくるので、
それも良くない一つなのですが、

遠回りが楽しいと思える人ならともかくw

美味しいコーヒーが飲みたい
でも、よく分からない・・・
と、ためらっている方、

美味しいコーヒーが飲みたい、
でも、思うように味が出ない・・・
と、悩んでいる方、

そういう方たちにこそ、気軽に当店に来ていただきたいです。

だって、ちゃんとしたコーヒー屋さんを目指していますからw
ですから、基本をお伝えいたします。

(基本しかお伝えしませんw)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「コーヒーをお伝えする」という仕事をちゃんとしたいので、
コーヒー屋の独立開業を決めました。

 私が考える「ちゃんとした」とは、
 納得して仕入れたコーヒー豆と、基本の焙煎と抽出ができること。
 そして、コーヒーを正しくお伝えできること。                      

         と、考えております。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓↓クリックしていただくけると、私の励みになります↓↓



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




コーヒーという飲み物は

07-08,2017

コーヒーは、身体を冷やす飲み物です。


勘違いされがちですが、
コーヒーは、身体を冷やす飲み物です。


二回も同じことを書きました(笑)


「コーヒーって、身体を温める飲み物じゃないの?」
と、言われそうですが、
実はその逆で、身体を冷やします。

女性の方ならご経験があるかもしれません。
新しいメーカーの化粧品を買うときや、ビューティサロンに初回来店されたとき、
”カルテ”の簡単な日常生活の質問で、
「コーヒーは普段飲みますか?また、1日どれくらい飲みますか?」
というようなもの。


これはカフェイン摂取調査だけではなく、
身体を冷やす飲み物を日常どれくらい摂取しているかを調査しているのです。


ご存知だとは思いますが、
身体の冷えは美容健康には良くありません。


 ・
 ・
 ・

旬の食材についてですが、
夏の野菜は身体を冷やしてくれると言われますね。

それと同じように
暑い国で採れるコーヒーは、身体を冷やしてくれます。

 ・
 ・
 ・

私もそうですがw、
冷えを感じる方は、1日に飲むコーヒー量も考えながら
過剰摂取にならないよう、健康に飲んでいけると良いです。

お酒もそうですが、
適量は身体に良いですが、過剰に飲んでしまうと身体に毒となりますよね。

たぶん、コーヒーも同じです。

 ・
 ・
 ・

コーヒーを楽しんでいる方には、
ぜひ、味わいながら飲んでいただきたいです。

”コーヒーをガブガブ飲む”とか”コーヒーを1日何リットル飲む”とか、、、
自慢気に話していらっしゃる人をたまにお見かけしますが
私の考えだけで書いてしまいますが、
それは、もはやコーヒー好きでは無いと思っています。

お上品に飲めとは、さらさら申しませんが、
コーヒーも”たしなむ”が良いと思っています。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「コーヒーをお伝えする」という仕事をちゃんとしたいので、
コーヒー屋の独立開業を決めました。

 私が考える「ちゃんとした」とは、
 納得して仕入れたコーヒー豆と、基本の焙煎と抽出ができること。
 そして、コーヒーを正しくお伝えできること。                      

         と、考えております。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓↓クリックしていただくけると、私の励みになります↓↓



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




値付け

07-01,2017

今、鶏と卵の勉強をしています。
コーヒーとは関係ありません。

しかし、
勝手ながら「コーヒーと卵は相性が良い」と考えております。

”卵”についてですが、
この地域は、養鶏を営んでいらっしゃる方も少なくはない(かといって、多くも無いけど)
ので、いろんな鶏種の卵が売られているのを見かけます。
一般的なのは白い卵ですが、
赤い卵、ピンク色の卵、青い卵・・・色だけでも豊富です。

赤い卵は「もみじ」、ピンク色の卵は「さくら」と言います。
鶏種が違います。
青い卵はアローカナで、あまり出回っていません。

同じ種類の卵でも、S・M・L・LL と、サイズも豊富です。
Sは若鳥でLLになると老鶏に近くなります。
若いから小さい、歳とっているから大きい、というばかりじゃなく
診ていると、その鶏の個々の個体差や体調にもよるようです。

値段ですが、
もみじ卵とさくら卵の二つを比べますと、
もみじ卵の方が、10個入り1パックだと80円~200円ほど高く売られています。
見た目の大きさは、もみじもさくらも同じ。
違うのは、色。

「赤い卵も白い卵も、与える飼料が同じなら栄養価は同じ」
と、聞いたことございませんか?

だったら、値段の安い白い卵を買った方がお得ですよね。
・・・と、一般的には考えます。

だから、同じ養鶏場で産まれたもみじ卵とさくら卵なら、
値段が安いさくら卵を買っています。

だって、同じなら安い方が経済的ですもん。

 ・
 ・
 ・

知りたがりの私は、鶏の研究員に直接聞いてみました。
「同じ養鶏場で生産されたもみじ卵とさくら卵が売っていて、
もみじ卵のほうが高いんですが、どうしてですか?」

 ・
 ・
 ・

以前、卵の黄身が濃い色をしていると、栄養が沢山詰まっているように感じるから
養鶏場は、鶏にパプリカ入りの飼料を与えているという話。
だから、多少値段が高くても消費者は買ってくれる・・・
でも、本当はただの消費者の感覚の問題で、勝手な錯覚。
(そういえば。。。黄身の色が濃いと栄養が沢山ありますって、養鶏場さんは言ってませんよねw)

同じものでも、見た目が良いと値段が若干高くてもそっちに手が伸びますよね。
人間の心理を上手に突いています(笑)
売り方が上手です。

 ・
 ・
 ・

しかし、鶏の研究員さんが言いました。
「同じ飼料を与えていたら栄養はほぼ同じ。
ただ、味わいはもみじ卵のほうが良いというデータがあります。」
と。

<味わい>
---食に関しては、大事な項目です。

「一昔前までは、与える飼料が同じならば白色卵も赤色卵も同じという
情報が流通していましたが、
細くデータを取ると”味わい”という点では、全く違ってきます。
これは、掛け合わせの話になってくるのですが、味わいの違いは確かで、
もみじ卵とさくら卵を比べていうと、もみじ卵のほうが良いと言われています。」
と、教えてくださいました。

ただ、美味しいか美味しくないかという話になると、
味覚は個人差になるので、その点では何とも言えないと言っていました。
・・・確かにそうですね(笑)

肝心な値段についても、しっかり聞きました。
「卵の値段についてですが、
もみじ卵とさくら卵だと、もみじ卵の方が高いという話ですが、
もみじの鶏は、飼料をよく食べます。
値段を高くしないと、採算が合わないんだと思います。」

なるほど。
これで、納得しました。
生産者の商売からくる悪知恵で値段を高く釣っているのであれば、
買う気にはさらさらなりませんが、
”もみじ卵を産む鶏が、他の鶏よりも食事量が多い”
という、はっきりした理由があれば、「値段が高い」は仕方が無いことだと
納得が出来ます。

買ってみようかな?って思いますよね。

そういう理由を知らなかったら、その気さえ湧いてきません。

 ・
 ・
 ・

”値付け”でいうと、
やたら安いコーヒー豆が売られているのを見ると、
「なぜこの値段で出せるのか?」
と、疑問に思います。
逆に、
「なぜこの質で、こんな高い値段で売るのか?」
と、疑問に思うこともありますが(笑)
(それが売れているという事実が、不思議でならないことのほうが多いんですけども)

 ・
 ・
 ・
当店のコーヒーは、他店舗様より高いです。
理由は、仕入れにあります。
「質」を大事にしています。

当店は、コーヒー豆を重要視しています。
そして、使用する水も重視しています。

美味しいものを安くご提供できるのなら申し分ありませんが、
当店が販売するコーヒーは、信用できる仕入れ先から分けていただいておりますので
質は確かなものです。
質は確かな分、仕入れもいい値段します。

批判と自慢になりますので、この先のブログ記事では書かないと思いますが、
コーヒー豆のクオリティーは、現在の時点で県内でも5本の指・・・
いえいえ、ひょっとしたら1番、2番、、3番以内には
入っていると思っています。

出所が確かな良いコーヒー豆しか仕入れません。
だから、当店は他店舗様よりも高いです。
商売の悪知恵で高くしているわけではないので、安心してください。

多くのコーヒー屋は、安い豆をいかに高く売るかを考えていますが、
当店は、良いコーヒーをどれだけ安く提供出来るかを
いつも考えています。


なので、いかに経費を抑えるか?となってきます。
だから、手提げ袋は無料でお出し出来ません。
エコバック持参でお願いします。

コーヒー豆袋も、オシャレではありません。
オシャレを追求すると、ものすごく値段が上がります。
当店は、それよりもコーヒー豆にお金を掛けたいと考えておりますので、
オシャレを重視されるのであれば、
それにこだわったコーヒー屋さんでご購入いただいたほうが良いです。

 ・
 ・
 ・

当店は、今年10月を目標にオープンいたします。
「値段が高い」に関しては、
当店の仕入れる豆はハイクオリティです。

「スペシャルティコーヒーでしょ」
って、さらっと言われるかもしれませんが、
スペシャルティは、今じゃ当たり前のコーヒーです。

当店は、スペシャルティーコーヒーのハイクオリティがほとんどです。
「スペシャルティコーヒーのハイクオリティ」は、機会があれば(忘れていなければ)ブログ記事にしますw

 ・
 ・
 ・

どんな商品にしろ、
理由あって高いは納得できます。
しかし、
商売の悪知恵からくる高い値段設定は、
信頼できないので個人的には好きではありません。

「自分がされて嫌なことは、人にしない」
は、自分が商売するにあたり忘れてはいけないと思っています。
なぜならば、販売者も購入者も人ですから。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「コーヒーをお伝えする」という仕事をちゃんとしたいので、
コーヒー屋の独立開業を決めました。

 私が考える「ちゃんとした」とは、
 納得して仕入れたコーヒー豆と、基本の焙煎と抽出ができること。
 そして、コーヒーを正しくお伝えできること。                      

         と、考えております。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓↓クリックしていただくけると、私の励みになります↓↓



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ