値付け

07-01,2017

今、鶏と卵の勉強をしています。
コーヒーとは関係ありません。

しかし、
勝手ながら「コーヒーと卵は相性が良い」と考えております。

”卵”についてですが、
この地域は、養鶏を営んでいらっしゃる方も少なくはない(かといって、多くも無いけど)
ので、いろんな鶏種の卵が売られているのを見かけます。
一般的なのは白い卵ですが、
赤い卵、ピンク色の卵、青い卵・・・色だけでも豊富です。

赤い卵は「もみじ」、ピンク色の卵は「さくら」と言います。
鶏種が違います。
青い卵はアローカナで、あまり出回っていません。

同じ種類の卵でも、S・M・L・LL と、サイズも豊富です。
Sは若鳥でLLになると老鶏に近くなります。
若いから小さい、歳とっているから大きい、というばかりじゃなく
診ていると、その鶏の個々の個体差や体調にもよるようです。

値段ですが、
もみじ卵とさくら卵の二つを比べますと、
もみじ卵の方が、10個入り1パックだと80円~200円ほど高く売られています。
見た目の大きさは、もみじもさくらも同じ。
違うのは、色。

「赤い卵も白い卵も、与える飼料が同じなら栄養価は同じ」
と、聞いたことございませんか?

だったら、値段の安い白い卵を買った方がお得ですよね。
・・・と、一般的には考えます。

だから、同じ養鶏場で産まれたもみじ卵とさくら卵なら、
値段が安いさくら卵を買っています。

だって、同じなら安い方が経済的ですもん。

 ・
 ・
 ・

知りたがりの私は、鶏の研究員に直接聞いてみました。
「同じ養鶏場で生産されたもみじ卵とさくら卵が売っていて、
もみじ卵のほうが高いんですが、どうしてですか?」

 ・
 ・
 ・

以前、卵の黄身が濃い色をしていると、栄養が沢山詰まっているように感じるから
養鶏場は、鶏にパプリカ入りの飼料を与えているという話。
だから、多少値段が高くても消費者は買ってくれる・・・
でも、本当はただの消費者の感覚の問題で、勝手な錯覚。
(そういえば。。。黄身の色が濃いと栄養が沢山ありますって、養鶏場さんは言ってませんよねw)

同じものでも、見た目が良いと値段が若干高くてもそっちに手が伸びますよね。
人間の心理を上手に突いています(笑)
売り方が上手です。

 ・
 ・
 ・

しかし、鶏の研究員さんが言いました。
「同じ飼料を与えていたら栄養はほぼ同じ。
ただ、味わいはもみじ卵のほうが良いというデータがあります。」
と。

<味わい>
---食に関しては、大事な項目です。

「一昔前までは、与える飼料が同じならば白色卵も赤色卵も同じという
情報が流通していましたが、
細くデータを取ると”味わい”という点では、全く違ってきます。
これは、掛け合わせの話になってくるのですが、味わいの違いは確かで、
もみじ卵とさくら卵を比べていうと、もみじ卵のほうが良いと言われています。」
と、教えてくださいました。

ただ、美味しいか美味しくないかという話になると、
味覚は個人差になるので、その点では何とも言えないと言っていました。
・・・確かにそうですね(笑)

肝心な値段についても、しっかり聞きました。
「卵の値段についてですが、
もみじ卵とさくら卵だと、もみじ卵の方が高いという話ですが、
もみじの鶏は、飼料をよく食べます。
値段を高くしないと、採算が合わないんだと思います。」

なるほど。
これで、納得しました。
生産者の商売からくる悪知恵で値段を高く釣っているのであれば、
買う気にはさらさらなりませんが、
”もみじ卵を産む鶏が、他の鶏よりも食事量が多い”
という、はっきりした理由があれば、「値段が高い」は仕方が無いことだと
納得が出来ます。

買ってみようかな?って思いますよね。

そういう理由を知らなかったら、その気さえ湧いてきません。

 ・
 ・
 ・

”値付け”でいうと、
やたら安いコーヒー豆が売られているのを見ると、
「なぜこの値段で出せるのか?」
と、疑問に思います。
逆に、
「なぜこの質で、こんな高い値段で売るのか?」
と、疑問に思うこともありますが(笑)
(それが売れているという事実が、不思議でならないことのほうが多いんですけども)

 ・
 ・
 ・
当店のコーヒーは、他店舗様より高いです。
理由は、仕入れにあります。
「質」を大事にしています。

当店は、コーヒー豆を重要視しています。
そして、使用する水も重視しています。

美味しいものを安くご提供できるのなら申し分ありませんが、
当店が販売するコーヒーは、信用できる仕入れ先から分けていただいておりますので
質は確かなものです。
質は確かな分、仕入れもいい値段します。

批判と自慢になりますので、この先のブログ記事では書かないと思いますが、
コーヒー豆のクオリティーは、現在の時点で県内でも5本の指・・・
いえいえ、ひょっとしたら1番、2番、、3番以内には
入っていると思っています。

出所が確かな良いコーヒー豆しか仕入れません。
だから、当店は他店舗様よりも高いです。
商売の悪知恵で高くしているわけではないので、安心してください。

多くのコーヒー屋は、安い豆をいかに高く売るかを考えていますが、
当店は、良いコーヒーをどれだけ安く提供出来るかを
いつも考えています。


なので、いかに経費を抑えるか?となってきます。
だから、手提げ袋は無料でお出し出来ません。
エコバック持参でお願いします。

コーヒー豆袋も、オシャレではありません。
オシャレを追求すると、ものすごく値段が上がります。
当店は、それよりもコーヒー豆にお金を掛けたいと考えておりますので、
オシャレを重視されるのであれば、
それにこだわったコーヒー屋さんでご購入いただいたほうが良いです。

 ・
 ・
 ・

当店は、今年10月を目標にオープンいたします。
「値段が高い」に関しては、
当店の仕入れる豆はハイクオリティです。

「スペシャルティコーヒーでしょ」
って、さらっと言われるかもしれませんが、
スペシャルティは、今じゃ当たり前のコーヒーです。

当店は、スペシャルティーコーヒーのハイクオリティがほとんどです。
「スペシャルティコーヒーのハイクオリティ」は、機会があれば(忘れていなければ)ブログ記事にしますw

 ・
 ・
 ・

どんな商品にしろ、
理由あって高いは納得できます。
しかし、
商売の悪知恵からくる高い値段設定は、
信頼できないので個人的には好きではありません。

「自分がされて嫌なことは、人にしない」
は、自分が商売するにあたり忘れてはいけないと思っています。
なぜならば、販売者も購入者も人ですから。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「コーヒーをお伝えする」という仕事をちゃんとしたいので、
コーヒー屋の独立開業を決めました。

 私が考える「ちゃんとした」とは、
 納得して仕入れたコーヒー豆と、基本の焙煎と抽出ができること。
 そして、コーヒーを正しくお伝えできること。                      

         と、考えております。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓↓クリックしていただくけると、私の励みになります↓↓



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK